GT・釣り

GT(ローニンアジ)フィッシング in ミャンマー

前回の記事でも少し書きましたが
太郎の会社では釣りの旅行の手配をしています

辺境じゃないじゃないかと声が聞こえてきそうですが
山より海が似合ってる太郎に免じてお許しを!!

太郎の道場にたまに顔を出すHさんという方がいます
日本の大道塾と言う流派の黒帯の方です。

大道塾の創立者は極真会の元全日本王者にして世界大会戦士・
元祖・重戦車、東孝先生。

東先生がヤンゴンに来られた際にHさんに紹介して頂きましたが
思ったとおりの豪快な方でした。
(でも、カラオケで演歌しか歌わせて貰えないのには参りました・・・・)

このHさんがヤンゴン在住の釣り師・Mさんの紹介でヤンゴンから車で4時間の
場所に釣りに行くことになり太郎も同行させて頂いたのが始まりです。

Hさん、何でもタイでは2−3キロ位のGTしか釣れていなかったそうですが
ミャンマーでは何と25キロの大物を釣り上げました

※GT : Giant Travellyの略。和名・ローニンアジ

でかいでしょう!!

数箇所あるポイントに向かって早朝から出かけます

急に海にこんな岩が現れます

太郎はよくわかりませんがこんな感じで海から岩が飛び出してる場所がポイントなのかな?

船はまったくの漁船です

でも釣りをするには十分!!

生まれて初めて釣りをしたガイドでもこの釣果です!!

船の船頭さんも喜んでくれてます!!

ロブスターも地元のレストランで食べれます

海の色がミャンマーのイメージでないですよね!!

ホテルもお洒落なリゾートホテルがあります

太郎のお客様でもミャンマーの旅の最後の数日をここで過ごされる方が結構、います

雪山を10日間歩いてバガン等を観光し最後の3日間はビーチでリラックス
お客様とは言え、羨ましいですね・・・・・

因みにHさんは生まれて初めて釣りをしたガイドが
Hさんの釣り上げたGT(ローニンアジ)より1キロ大きなGTを釣り上げたのが
悔しくて毎月来られています。

目指せ、夢の30キロ!!