やった!!

9月末からまたバスクに奥様と行く

今回はどうにも危なそうなパリには寄りたくないがそれでも2泊しなきゃいけないので

何もないことを祈るだけ

 

一昨年、キントア豚の村で出会ったバスクの研究家の先生(日本人)

この人のバスクコネクションは物凄く、それも食に関しても地元のバスク人からの

詳細な情報を持っていていつも多忙な先生に甘えて美味しいレストランを教えてもらい

外れが一切なし

今回はサンセバスチャンの美味しい場所を尋ねて返信が2週間なかったので

気分を害されたのかと・・・・落ち込んでると

うわっ、5軒もそれも詳細なコメントと共に予約した方が店はサイトまで載せて

安い店もあるし

奥さまと二人で思わず歓声を上げてしまいました!!

3泊するサンセバが急に楽しみになってきました

I先生、ありがとうございました

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

残暑見舞いのあて名書きソフトに入れた新しい住所が何故か、古い住所に戻って送っていたことが判明。 まあ、年賀状の時に新しいん住所で送れば良いかな・・・・何で新しい住所が消えるのかわかりません。年賀状と言えば一番喜んでくれてるのが海外の外国人の友人。 メールやFB、LINEでメッセージを送る世の中で手書きのはがきはクールだと言ってくれてる。 そんなもんか?奥様もフランスで知り合った老夫婦にフランス語で四苦八苦して書いてる。 クールかな?(笑)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>