ヤンゴン行

支部長にヤンゴンに行くと連絡したのが不味かった・・・

いきなり砂袋のスタンドを持って来てくれと言われ

150㎝の高さで22㎏もあるから無理

ヤンゴンで作った方が安いと言っても、変な日本製品信仰があるのか

持って来てくれと言われたが、購入した日本在住のミャンマー人Sさんに尋ねると

Sさん「太郎さん、無理だよ…飛行機で持って行くのは」

太郎「成田までどうやって持って行くんですかね?」

二人して船便で送りことで同意して支部長にその旨伝えると

 

今度はボデイーミットを2つ買って持って来てくれと言う

1個3万円だけど、払うのかな?

それに2つも持って行けないよ、成田まで

これも購入はSさんとのこと

再度、Sさんに電話して尋ねると

Sさん「太郎さん、2つ持って行けますか? 」

太郎「電車で成田に行くから無理です。」

Sさん「向こうの人は無理を急に言うからね、在庫がなかったと言っておきましょうか?」

太郎「一個なら持って行きますよ」

Sさんが今日買って、太郎の自宅まで夕方5時まで持ってくると言うけど

本当かな・・・・・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

~編集後記~

角旗唯介の「漂流」を読み終わる。 何かこの作家が物凄く本物のノンフィクション作家に化けた感じだ。 これからの作品をさらに読みたくなる。 北極通いで命を落とすんじゃないか?と心配してたけど大丈夫かな。 高橋大輔の「漂流の島」を読み始める。 偶然だろうけど漂流物が面白い。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>