台南―5

奥さまの買われた「台南散歩」

太郎が買った本が「小吃研究所(上)」と「小吃研究所(下)」の2冊

s-台南美食1

 

s-台南美食2

昨年、台南に来た時に使った本がこちら

s-台南老店散歩

今回、日本から持参した本がこちら

s-オモロイ台南

すべての本に載っている店もあり、B級グルメが多いですが本を片手に

路をキョロキョロしながら奥様と二人で台南の街を歩くのはなかなか楽しかったです

中には廟の前に屋台を出して扇風機を回してる店(屋台?)もあり

面白かったです。

列が出来てる店に外れはなかったし、自家製の豆腐に甘いものを載せて食べる豆花、

余りに美味くてお代わりをしてしまいました

こんな豆腐のスイーツが日本にもあればな~・・・・・・

来年は台南のどこに行こうかな?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇~編集後記~

神楽坂で知らない店に入ったらオーナーがフランス人のようでオーナーシェフなのかな? メニューを見るとゲッ、グラスワインが1300円から、まあ、さぞかし美味いんだろうと思い3杯飲んだけど? 出されたものも? 奥様も同じ印象のようだが雰囲気でしょうと一言、冗談じゃねーよ、フランス語が飛び交ったって美味くなきゃ意味ないじゃん。 もう行かん。 何か、こんな店、神楽にあったりして。 こんな時はワインを飲みなら北浦和、刺身なら北千住だな・・・・・。 北浦和に行って変わらぬ美味いワインと料理で一安心。 安心できる店があると言うのは良い。北浦和で美味しい日本のワインを飲ませてもらったけど本当に美味しかったな~山羊のチーズのサラダと赤ワインも鉄板。 こんな店が神楽にあればな~

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

Comments (2)

  1. やすい

    台湾の飯はうまそうですね。いろんな意味で。哈日だけじゃなく一般的に親日感情があるようですし、台湾に何かあったら見捨てたりしないようにできる法律も必要かもしれません。いずれにせよ、東シナ海はホットウォー一歩手前です。台湾高粱酒を豚足でやって、しめに台湾そばなんていうのもいいですね。

    Reply
  2. 太郎

    やすいさん、コメントありがとうございます。 本当に普通に日本が街の中に見えるんで不思議な気がしました。 欧米人が
    元植民地を訪れるとあんな感じを受けるのかな?などとも思いましたが。 地元の飯屋やスイーツを探しながらの街歩きは楽しいですね。 余り地元の人が強い酒を飲んでるのは見なかったな~

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です