ヨーロッパ営業(3)


ジヤダン村からの風景

毎年3月にドイツのベルリンで開かれる世界最大のトラベルショーITB.
この時期はベルリンのホテルはほぼ満室で部屋の料金も高騰すると言われています。
太郎の会社は零細企業なのでホテルの部屋にお金をかける事は出来ないので民宿に毎年、
泊まっています。

1泊朝食付きで31ユーロです。
全くの民家の部屋に泊まりシャワー、トイレは共同です。

安宿なのでエレベーターなどは無くマンションの3階までスーツケースを持って行かなくてはなりませんが部屋は10畳ほどの広さでなかなか快適です。

昨年までは太郎のパートナーのルーインを連れて行ったのですが、イマイチ、営業に身を入れてないので、あおるつもりで別に今年から営業もする事になった女性スタッフマラさんも
連れて行きました。

マラさんは営業になったので太郎の会社の手配地域、ナガ族の新年祭、雪山、チン州等に行かなければなりません。 太郎の会社は自分で行ってない場所は売りません。

ナガ族の新年祭が開かれるラヘ-に行き車に酔い吐きまくり、ヤンゴンを恋しがって泣いてましたがベルリンでは食事に音をあげてました。

一口に言ってベルリンの料理はかなり塩っぱい。
おまけに予算の関係で昼食はサンドウィッチと言う事が多く、朝食もパンとハムとジュースなので米が食べれずかなりきつかったようです。

夜も安いイタリア・レストランでこれも米が食べれません。
1日だけ、夜に中華に行った時はチャーハンを「美味しい」を連発しながらニコニコして食べてました


2月のポンカン山でのガイド・トレーニング風景

さてITBの会場では太郎の会社がナガやチン、雪山等の写真を提供している本な等の販売も
おこなっており、 マラさんはこれが主なお仕事。
あとは白人との交渉をまじかに見て慣れてくれれば上等です。

でも、手癖が悪いのが多いんですよ。
ちょっと目を離すと売ってる本を持っていってしまうんです。
誰が?
会場に来ている一般の人達が、そう、ドイツ人。

中には持参の手提げに音も無く落とすと言う高等技術を見せる輩もおりマラさんは常に
目を光らせてなければなりません。

結局、盗まれた本は5日間で2冊だけ、本は20冊以上売れ、マラさんはしっかり仕事をして
白人とのやり取りも目の前で見てそれなりに自分でも感じたものがあったようです。

マラさんに振ったの簡単そうなツアーを真面目にそれでも少し不安そうに一生懸命交渉して
しっかり「私がヤンゴンの戻ってから回答させて頂きます」と答えてました。

2冊、盗まれたと分かった時にマラさんは「人間のやる事はミャンマー人もドイツ人も同じだ」悟ったように話してましたが?

彼女は今、インド国境の3,600mのポンカン山に視察で行ってます。
来年はバリバリ雪山を売ってくれることでしょう。

彼女が見積もりをしたギリシャのグループも4月に来ます。
彼女は未だ知りませんが。

彼女はヤンゴンで周りの友人から仕事で海外に行け、雪山にも行けるなんて何てラッキーなんだと言われ「私は仕事でなかったら外国にも雪山にも行きたくない」とこぼしてます(笑)

さて次回はITBは3回目のルーインの仕事振りです。

太郎

Comments (4)

  1. 二村

    コメント、僕ばかりで恐縮ですが
    太郎さんにしごかれる、マラさんのことを
    思うと不憫で不憫でついキーに手が伸びました。
    ま、いい経験だと思いますが(笑)。
    考えてみれば、うちの会社も入社すると全員
    ジャングル行かされるしねー。

    Reply
  2. 太郎

    二村会長、コメントいつもありがとうございます

    マラさんは何が嫌いといっても虫ほど嫌いなものはなく
    会長のムカデ軍団の写真を見たら絶対にジャングルよりも
    雪山を選ぶと思います(笑)

    私は決して女性社員をしごいたりはしません(キッパリ)
    しごくのは体力が必要なトレッキングガイドだけですよ。

    6月に開かれる10年ぶりの大会に出るのが嫌でガイドが先週一人辞めました(笑)
    大会でははったりは効きませんから皆、気合を入れて仕事に、いや稽古に励んでます。

    他の旅行会社やホテルのミャンマー人スタッフからは
    面倒見の良い会社と言われてるそうです(笑)

    ゆりかごから墓場まで?

    太郎

    Reply
  3. 二村

    墓場が普通より近い感じは払拭しきれませんね(笑)

    Reply
  4. また恒例の小競り合いが(笑)。

    先日、天才冒険作家の自宅にて酒席が開かれまして、アジケト2トップはカウンターが早すぎて他のFW、MF陣が追いつけない…というか「そもそも攻撃陣は二人だけ(笑)」という話を肴に冷酒をぐいぐいやってしまいました。

    あの場に太郎さんもいたら、えらいことになっていたと思います(怯)。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です