ランド屋太郎

Latest Posts

こんなことが出来るんだ・・・・・・

Facebookを見ていたら、あれっ、これ俺じゃん

昔、チン州のミンダで太郎がやっていた会社で働いていたSのFacebookの記事に

Sと太郎の2ショットが映ってる

これはビクトリア山のエイ村の小屋かな?

Sは喧嘩で傷害事件をおこして警察に捕まる身になりマレーシアに移り

アメリカに渡ったとか渡らないとかいう噂を聞いてたけど

メッセージを送ると返事が来た

昔は英語を話せなかったけど今は、簡単な英語は出来るようだ

アメリカには渡っておらずマレーシアのクアラルンプールに家族と一緒にいると言う

家族と聞いて良かったなと返事をしたが・・・・写真の子供が幼い・・・・・

もしかしたら、マレーシアで新しい所帯を持ったのか・・・・まあ、それもありか

と思ったが何と、家族をマレーシアに呼んでいた

甲斐性あるな、S、大したもんだ

クアラルンプールでの再会を期して携帯番号を教えてもらう

Facebookは便利だなと思ってたら

昨年、太郎と一緒に富士の金運神社に行ったKさんがFacebookに紹介している記事を見て

驚いた

http://togetter.com/li/774514

イスラム国の戦闘員と日本人が日本語でTwitterをしている

凄い時代になったもんだ

 

 

 

 

 

うーん、どうしようかな・・・・

送迎だけにしてからは楽なもんで・・・・余裕があるというか

煽られないというか・・・・

焦って仕事をすることがなくなりました

もう1つ、別の商売をなんて考えてちょこまかやってると

一番付き合いの長いNバスの社長から電話が・・・・

Inboundを本格的に始めたいと、大型バスを2台買った、先見の明があるお方

だが、どうも営業がうまくいってないようだ

太郎に社長は海外のAGTと直接やりたいとかバスだけでな直接海外のAGTに

旅行の営業をしたいと言う

間違ってません、さすがは社長!!と答えながら

何で太郎にそんな話を・・・・・

英語のできるスタッフを新しく雇ったのかな?

等と思ってると

うちの営業やらない?と言ってきた

社員じゃなくて太郎の会社で集客をしてNバスに手配を流すと言うことらしい

 

何もなかった太郎が今、カッコがついてるのは

信用して仕事を受けてくれ支払いも何も言わなくても考慮してくれた

5年前のM社のU元専務とNバスのM社長のおかげ

本当によく信用してくれたよな・・・・・

 

でも太郎は休みを多くとれるような形態に仕事を持っていこうとしてるので

ネット系にもっと重心を移そうと思ってるので・・・・

と言うとM社長も食い下がり

太郎さん、付き合ってたAGTは自分で手配を止めて知り合いを紹介したんだって?

はい、そうですよ

うちにも紹介してくれないか・・・・

手配できますか? 言葉もあるし・・・・

結局、太郎が日本語に直して送るんじゃ面倒だから嫌だけど

営業だけなら構わないかな・・・・・・

 

もうランドは満腹なんだけどな・・・・・

恩を返す時でもあるけど・・・・

こんな時、天切り松なら・・・・・

ヘイ、お任せを!!って言って動くんだろうな

天切り松の真似事でもしてみようなかな?

(さらに…)

マジかよ・・・・・

イスラム国に捕まった2日の日本人

そのうちの一人は・・・・太郎の最初の結婚式に招待されてました

もう18年も前の話・・・・・シリアの難民関係のイベントで名前をみるようになり

頑張ってるんだなと思ってましたが・・・・・こんな風に映像を見ると

覚悟の上だろうけど・・・・

ニュース番組で日本人2名の映像の後にイスラム国の解説をしてたのが

あれっ、太郎の結婚式で引き出物代わりに送った鹿肉の肉屋を紹介してくれたYさんだ

奥様も気が付いて驚いていた

皆、覚悟のいる場所で仕事をしてるな・・・・・

(さらに…)

やられました・・・・

今まで大きな未収はなかったんですけど・・・・・

細かいのはありましたね

大阪の介護タクシーの方、預り金数万円のためとは思いたくないけど

電話に出なくなりました(苦笑)

 

北海道の○○○バス、オーナーは日本語ペラペラの外国人J

30万円を超えるから痛いな・・・・

北海道まで取り立てに行くのもかったるいけど

代わりのバス会社を見つけたら押しかけないと・・・・・

普通は長い付き合いになると変なことをしないもんですが

そこは外国人、目を覚ませてくれました

気を付けないと・・・・・外国人相手の鉄則、先払いにしなかった太郎のミス

自分で自分を笑うしかない・・・・気を付けよう!! (さらに…)

道場・・・・・

ヤンゴンに住んでるHさんから電話があった

先日、1泊3日の弾丸でヤンゴンに行ったことを話すと何で連絡をくれなかったんですか?と言われるが

本当に時間がなかったので2泊以上するときは必ず連絡しますと謝る

ヤンゴンで空手の道場を開こうとしてるようだがなかなか大変のようだ

今の支部長の下の指導員と合わず、別の流派に行こうとしている元生徒の話などを聞くと

口だけの先生が多いからな・・・・・自分では汗をかかないで生徒には汗をかかせる人が

太郎の先生はそんなことはない人だったのでミャンマーでも稽古を続ける気にもなりましたが

昔、太郎が持っていた不平不満ををHさんから聞いていると昔と変わらんな~と

ある意味、感心しました・・・・進歩のないこと甚だしい(笑)

本当に、生徒が可哀想だの一言

生徒のために道場があるんだけど…・そう思ってる先生がどれだけいるのか?

 

太郎の友人で静岡で道場を営んでいるNと言う男は道場を開いて20年を迎え

生徒が新年会で
「○○道場より強い道場はたくさんあります。しかし、○○道場より魅力的な道場はありません!」と

道場主のNは
「これは褒めすぎですが、ここまで続けてこられたことに感謝しております。」

太郎は試合に勝つためのテクニックだけでなく

こういう道場が日本にあることをミャンマーの空手の先生方に知ってほしいです

こういう気持ちで道場を開いている先生が日本にいることをミャンマーの空手の先生方に知ってほしいです

Nは選手経験も長く強い空手家です。

こういう道場があることが日本の強みで宝だと太郎は思っています

太郎はNと一緒にE先輩のもとで稽古をした4年間を忘れることは一生ないと思います

楽な稽古なんて一度もした覚えはありませんが充実していたの一言

道場の稽古のために稽古をしていたようなもんでした

何か、道場に戻らなきゃ行けなくなってるのか?・・・・

右足で蹴れなきゃ左で蹴れば良い話だ (さらに…)

ドンペリ

美味いどぶろくを持ってきたTの話を聞くと

起業して4ヶ月で絶好調ですでに売り上げが1億越え

それと同時に話す内容がセレブになってきてるぞ(苦笑)

月一で美味い物を仲の良い女友達と食べに行くそうですが

何と、ドンペリを飲んだという・・・・・・

ドンペリってあれですか、ホストクラブでピンドンとか呼ばれてる

高いシャンパンの代名詞

Sトラベルの社長が北浦和のワインバー「カルペンチーノ」で飲むとか飲んだと言われてる

あれですか・・・・・

お前、なんか物凄い勢いで、ジェット気流に乗って上昇しているな・・・・・

翌日は上昇気流のTに送ってもらい人生ジェット気流の友人Nのお宅へ

正月の挨拶に行ったのだが

しまった、お年玉袋を忘れた

子供が3人いるんだよな、Nの処は

慌ててNにお年玉袋を用意してもらい中身を入れて子供に渡す

皆、嬉しそうだ

テーブルの上には奥様の手料理のモツの煮込みやチキンカレー等が並んでいるが

何と言ってもモツの煮込みが最高に美味い!!

大根への浸み具合なんてそこら辺の飲み屋のモツの煮込みが走って逃げるほどの出来だ

5人でワイン3本をあっという間にあけてしまった

モツの煮込みって赤ワインに合うんだな・・・・初めて知りました

隠し味の味噌がポイントか・・・・・太郎の奥さまにもこの煮込みは覚えて欲しいな

ドンぺリも飲んでみたい、間違いなく飲んでみたいけど

モツの煮込みを週に何回か食べるのも良いな・・・・・・

皆でワイワイ言いながら家で飲んで食べるのが一番美味いのかもしれない

(さらに…)